MENU
カテゴリー

車体 下回り塗装 シャーシブラックで防錆

ここ最近、寒いにも関わらず、C35ローレルの整備をする日が多い気がします。

これはやはり、スロープを買ったことによる、整備性の向上から来ているのだと思います!油圧ジャッキだといちいち面倒ですからね、、、

スロープ一つでやる気が出てきたって訳です(笑)

そのやる気はいまだ継続中で、今回は車体下回りの錆点検、シャーシブラック塗装をしてみました。

僕の住んでる地域は、雪が降りますゆえ、路上には融雪剤という名の「錆促進剤」がばら撒かれております!

融雪剤の塩分濃度は海水の10倍位と言われていますので、車の下回りの錆の大きな原因の一つとなります。

雪が降る地域に住んでる以上、定期的な下回りの洗車と錆チェックは重要だったりします。

ほんで、早速いつものスロープで車体を上げて、下回り点検してみると・・・やはり錆が浮いてましたね~!

ワイヤーブラシで、錆を落とし、錆止めスプレーを塗ったあと、市販のチッピングブラックをばりっとスプレーしておきました。しかし、ローレルはこの部分錆びやすいですね~。点検の度、ここの錆進行してますよ。
diy-carmaintenance231

その他の場所は、酷い錆はありませんでしたが、所々に小さな錆が点在していましたので、シャーシブラックでブシャーっと塗装しておきました。

安物のシャーシブラックですので、大きな防錆効果は期待できませんが、錆を隠すことで錆の進行を遅らせる事が出来ればよいって事で。
diy-carmaintenance232

下回りの塗装するならついでにマフラー配管も塗装しておこうって事になり、家に転がってた耐熱スプレー(シルバー)も塗装しておきました。

下回りが綺麗だと、精神衛生上よろしいですね~!これでちょっとの間は融雪剤に負けないことでしょう、きっと。雪が降る地域は色々と手間がかかる・・・
diy-carmaintenance233

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる