MENU
カテゴリー

シミにならないウィンドウォッシャー液の効果とは

ボディーの塗装を痛めず、使用してもシミにならないという謳い文句のウィンドウォッシャー液を使用して約一ヶ月半経過しました。

使用すると言っても環境により使い方は様々ですので、一概になんとも言えないので、僕の使用状況でのお話になります。

使用頻度は、約1ヶ月半で、ウォッシャータンクが半分になる位ですね!

晴れてる日でもガラスが汚れていれば使いますし、雨の日は頻繁に使用するスタイルです。洗車は週一高圧洗車に拭きあげ。

使用していたのは解氷・撥水ウォッシャー液(古河薬品工業)という商品で、50%希釈です。

多くの撥水ウォッシャー液はボディにシミがついちゃいますが、このウォッシャー液は如何なものか検証してみました。

目次

わずかなシミ程度

こちらがウォッシャー液噴射ノズル付近の塗装の様子です!どうですかね!一見シミは皆無に見えますよね!?でも実際には、薄っすらとシミがついてます。
diy-carmaintenance370

でも、それぐらいのシミなら、撥水効果がない、普通の青いウォッシャー液でも着きますよね!それを考えれば、この古河薬品工業製の撥水ウォッシャー液はかなり優秀な分類なんじゃないかと思います。つまり本当にシミになり難いと!!

50%希釈ですけど、撥水に関する不満もないですね。撥水もそれなりにしてくれます!

今の時期、解氷効果は不要ですので、このメーカーの解氷無しバージョンの撥水ウォッシャー液もボディに優しい可能性大かと思います。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる