MENU
カテゴリー

新型ワゴンR 純正ツイーター取付 MH35S/MH55S/MH85S/MH95S

ワゴンRハイブリッドFX(MH55S)にスズキ純正のツイーターを後付けしてみましたので、作業内容をシェアしてみたいと思います。

今回はMH55S型にワゴンRに取り付けましたが、MH35S、MH85S、MH95Sもやり方は同じかと思いますので、後付けでスズキ純正ツイーターを取り付け予定の方は参考になればと思います。

取付車両詳細

年式:2018年
型式:DAA-MH55S(1型)
エンジン型式:R06A-WA05A
トランスミッション:CVT(ジヤトコ製JF015E型)
駆動方式:FF(前2輪駆動)
グレード:ハイブリッドFX(25周年記念車/衝突被害軽減ブレーキ付き)
カラーコード:ZVC(スチールシルバーメタリック)
スピーカー:ノーマル(フロントドアのみでリヤはなし)

目次

スズキ純正ツイーターの品番と価格・仕様

今回取り付けるスズキ純正のツイーターの品番と価格は以下の通りとなります。

名称品番価格税込み
ツイーター(C9SH)99191-54P005280円



※ハイブリッドFZ、スティングレーの標準装備品と同等品

  • ●入力:40w/2.8cm/85dB
  • ●再生周波数帯域:F0Hz~20kHz
  • ●インピーダンス:4Ω
  • ●左右2個セット

ツイーターの取り付け方

ツイーターカバーの周りを養生し、マイナスドライバー等でカバーをこじり、カバーを取り外します。

私は腕時計の分解ツール「こじ開け」を使用しました。薄くて使いやすいのでこれ、おすすめです。


カバーを取り外すと、裏側にツイーター接続用のコネクターが格納されていますので、コネクターを取り外します。


カバーにツイーターをセットし、付属ビスで固定します。ツイーターは左右共通品です。取付向きは決まっていますが、向きが合っていないとピッタリ収まらない構造なので、向きを間違える事は無いですね。


ツイーターにコネクターを接続します。


カバーを元通りにはめ込んでツイーターの取り付けは完了です!かなり簡単なので早い人だと数分で取り付けられると思います。なお、助手席側もやり方は全く同じです。

ディーラーでの取り付け工賃

ツイーターの取り付けをディーラーに頼むと取り付け工賃はいくらかかるのか?

スズキのアクセサリーカタログの記載によれば、工賃は1430円(税込み)だそうです。

この工賃をどう思うかは人それぞれですが、ツイーター取り付けは本当に簡単なので、自分で出来そうなのであれば、自分で取り付けるのもありだと思います。

ツイーター取り付け後の音

元々の仕様が、純正ドア2スピーカー(フロントのみ)でしたの、ボーカルの音がどうしてもこもる感じがしていました。音場もいかにも足元からと言う感じで低めですね。

しかし、ツイーターを取り付けた事で、これらはかなり改善されましたね。ボーカルの声がハッキリと聞こえます。

流石に社外品のような超シャキシャキ感は無いにしても、純正ツイーターの有無で、音は全くの別物となりました。

純正品ならではで、スマートに取り付け出来ましたし、個人的には買って良かったと思います♪

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる