MENU
カテゴリー

ワゴンRのエアクリーナー交換 MH21S NA K6Aエンジン

スズキワゴンR(MH21S)のエアクリーナーエレメント交換を行ってみました。結論から言うとこの車のエアクリーナーエレメント交換は非常に簡単でした!

工具なども必要ありませんでしたので十分DIYでの交換が可能だと思います!

車両情報
  • 年式:2005年
  • 型式:MH21S
  • エンジン型式:K6A(ノンターボ)
  • トランスミッション:4AT
  • 駆動方式:2WD
  • カラーコード:C10
目次

エアクリーナーの場所

ワゴンR(MH21SのNA)のエアクリーナー格納ボックスはエンジンルーム中央辺りにあります。目立つのですぐに分かると思います。

エアクリーナーエレメントの取り外し

エアクリーナーボックス手前側2箇所の固定バンドを取り外す。

エアクリーナーボックスを持ち上げます。ここの隙間からエアクリーナーエレメントを取り外すこともできますが、外しにくいです。

ですので私はエアクリーナーボックスの蓋を上げながら手前に引き、エアクリボックス蓋後ろ側の爪も外しました。

後ろ側の爪が外れるとエアクリーナーボックスが大きく開口しますので簡単にエアクリーナーエレメントを取り出せます!

新たに取り付けるモノタロウエアクリーナーエレメントとの比較。汚れは一目瞭然ですね!やはり外気側は汚れが酷い印象です!

エアクリーナー(エアエレメント)純正品番

本来であれば純正品のエアクリーナーを使用するのが望ましい所ですが、今回は興味本位でモノタロウブランドのフィルターを使用します。価格は税別599円!

純正品の品番と価格は以下の通りとなります。

名称品番価格(税抜き)
エアクリーナーエレメント13780-83G001500円

エアエレメントの取り付け

エアクリーナーボックス内のゴミを掃除機で吸取り&水拭き掃除しておきました。

エアエレメントの向きを間違わないようにセットします。エレメント4隅の内、1箇所が鋭角になっていますので間違わないとは思いますが、エンジンルーム正面から見た場合このようにセットします。

向きが間違っていなければこのようにピタッと収まります。

エアクリボックスを取り外した逆手順で組み込みます。後ろ側の爪にカバーがしっかりとかかるようにセット。

カバー前側2箇所のバンドをパチンと締めてエアクリーナーエレメントの交換は完了となります。

まとめ

今回エアクリーナーエレメントを交換したことで何となくエンジンレスポンスが良くなったような気がしますが実際どうなんでようか!?

そこそこ目詰まりしていたフィルターを新品にしたのですから何らかの効果は期待できそうなので、ただのプラセボ効果ではなければ良いですね(笑)

このワゴンRは古いですし、走行距離も結構多いのであとどれ位乗るか分かりませんが、初歩的なDIYメンテをして少しでも長く乗れればと思います。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる