MENU
カテゴリー

エルフトラックに24Vホーン取り付け いすゞの2t (車検対応品)

現在エルフに付いている純正ホーンはシングルタイプで、音は「ビーン♪」というような原付並みの貧弱な音色です。

流石に今の音では残念過ぎるので、せめてヨーロピアンな音色にしたいと思い、ホーンを交換することにしました。

エルフトラックの電圧は24Vですので、ホーンも24V対応の物を使う必要があります。

24V仕様のホーン様々なメーカーから販売されていますが、今回はモノタロウで販売されている「コンパクトホーン24V(車検対応)」という物を取り付けてみる事にしました。



音色はミツバのアルファーホーンみたいな音との事ですので、明らかに純正より良い音になるはずです。

取付ける車両

年式:2002年
型式:NKR66EA
エンジン型式:4HF1(4.3L)
トランスミッション:5MT(3ペダル)
駆動方式:2WD

目次

モノタロウ24Vホーンの仕様・寸法

項目
定格電圧DC-24V
周波数Hi500Hz(±20Hz)/Lo400Hz(±20Hz)
電流2.5A×2
音圧レベル112dB
本体寸法(ステー含まず)最大直径約100mm/奥行き約90mm
ステー寸法長さ約80mm/幅約20mm/穴径約8.6mm
重さ1個約230g
保証1年
価格3190円税別(2021/10/11現在)
寸法と重さは素人による計測ですので、参考程度に。

配線接続方法

配線接続は車種によって異なりますので、各車種にあった接続方法で接続します。

取説には4パターンの接続方法が記載されていますので、自分の車がどのタイプなのかを把握してから配線接続をしていきます。

①純正ホーン2個で1個のホーンに対して2本の配線の場合

純正ホーンの配線をそれぞれ外し、本製品の端子に接続する。この接続は無加工なので一番簡単なパターンですね。

②純正ホーン2個で、1個のホーンに対して1本の配線の場合

純正ホーンの配線を外し、本製品のどちらか一方の端子にそれぞれ接続する。

もう一方の端子には市販の配線を新設して車両の金属部(未塗装部)にボディアースをする。

③純正ホーンが1個で、配線が2本配線の場合

純正ホーンの配線を外し、本製品のどちらか一方の端子に接続する。

もう一方には純正の配線に市販の配線を新設して分岐させて端子へ接続する。

注意

電動パワーステアリング車で③の接続方法に該当する場合、ホーンリレーハーネスが必要となります。

使用しない場合、電動パワーステアリング装置に悪影響を与える可能性があり、その結果、事故や故障に繋がる恐れがあります。

④純正ホーンが1個で、配線が1本配線の場合

純正ホーンの配線を外して2本に分岐し、本製品にある各2つの端子のうちの1つに接続、他方の1つは純正配線に市販の配線を新設して分岐させ、端子へ接続する。

残りの端子には市販の配線を新設し、車両の金属部分(未塗装部)へボディアースする。

取り付け作業

この型式のエルフの純正ホーンの場所は、バンパーの裏側となっていますので、まずはバンパーを外します。

バンパーは4本のボルト(14mmサイズ)を取り外す事で簡単に取り外す事が出来ます。



この車両のホーン接続を見てみると、ぱっと見、「④純正ホーンが1個で、配線が1本配線」のパターンに見えますが、そうではありませんでした。



ホーンが1つしか付いていませんが、ホーンを2つ付けられるように、電源配線がもう1本ありました。上位グレードかオプションでダブルホーン仕様があるのだと思います。

ですので、前述した接続パターンで言うと、「②純正ホーン2個で、1個のホーンに対して1本の配線の場合」に当てはまります。

バンパー前は取り付けスペースが無い

純正ホーンを撤去し、そこにモノタロウホーンを取り付けようとしましたが、スペース的に無理でした。ステーをずらせば何とかなりそうな気もしますが、ステーのナットをいじると音がおかしくなるので断念。



結局運転席側のフレーム穴にボルトナットで取り付ける事にしました。ガッチリ固定できますし、周りへの干渉も無さそうです。

配線接続作業

電工ペンチで延長配線を作り、純正ホーンのコネクターとモノタロウホーンを②の接続方法で接続。配線は家にあったダブルコードの0.5sqを使用しました。画像にはありませんが、コネクター接続部はビニールテープを巻いて防水措置をしています。



アースはヘッドライト下の部分に取りました。ダブルコードの色が赤黒で紛らわしいですね(汗)見た目やメンテナンス性を気にするのであれば電源を赤色、アースを黒色に統一するのが良いと思います。第三者が触れる際、混乱してしまいますからね。



電源配線は目立たないようにフレーム内部を通しました。難しい作業は特にありませんでしたね。



バンパーを元に戻してモノタロウ24Vコンパクトホーンの取り付けは完了です。↓はバンパー内側の様子です。際どいですが、干渉していません!

動作の確認

人気のない所に移動してホーン数秒間鳴らして動作チェック!ヒューズも切れることなく無事ヨーロピアンサウンドが響いてくれました!

移動中振動やビビリ音等もありませんでしたので、取り付け部も今のところ問題無いと思います。

実際のモノタロウ24Vホーンの音色は↓のYoutube動画をご覧になって頂ければと思います!このまま再生可能です。


よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる