MENU
カテゴリー

5代目エルフのマッドガード交換取付け

おそらく新車購入時の2002年から一度も交換していないであろうマッドガード。かれこれ20年経過しているので、さすがに剥げや汚れが目立ち始めています。

特に生コンが固まった汚れはマッドガードにびっしりとこびり付いており、車がぼろくて汚い印象を与えていました。

ということで、今回は前後のマッドガードを新品に交換します。

新たに取り付けるマッドガードは社外品ではなくて、当時と同デザイン、同プリントである純正品を使用します。

20年前と同じデザインのものが純正部品として存在しているのか不明でしたが、いすゞのディーラーで確認したところ、普通に未だに販売しているとの事でした。

流石商用車!結構古い年式の車両の部品ストックも豊富なようです。

取付車両情報
  • 年式:2002年
  • 型式:NKR66EA
  • エンジン型式:4HF1(4.3L)
  • トランスミッション:5MT(3ペダル)
  • 駆動方式:2WD
目次

いすゞ純正マッドガード(泥除け)の品番と価格

いすゞ純正のマッドガードは、フロント用とリア用で価格差が大きいです。フロント用は比較的に安価ですが、リヤ用は大きくて、さらにプリント施工されていますので、まあまあいい値段します。

名称品番サイズmm価格(税別)
マッドガードフラップ(フロント)8-97218078-0幅420×長さ2651890(1枚)
マッドガードフラップ(リヤ)8-97183803-2幅428×長さ4405700円(1枚)
※価格は2022/3/23現在のもの。
※サイズは簡易的に計測したものです。

今回は全箇所のマッドガードを交換しますので、フロント用1890円×2枚で3780円。リヤ用5700×2枚で11400円。合計すると、税抜きで15180円となりました。

ん~安くはないですね(汗)

とはいえ、今回新しく取り付ければ、現場車で使っているのではありませんので、相当長く使えるはずです。

メイドインジャパンで品質もそうとう良さそうですからね。

なお、いすゞ純正アクセサリーのICLで販売されているマッドガードは以下の2種類があります。

取付け

マッドガードの取り付けは至って簡単、ボルトナットを外して元々付いていたマッドガードと付け替えるだけとなります。


取り外したマッドガードと元々付いていたマッドガードの比較。当然ですが、色が全然違います!

取付後の画像

マッドガードの往年の汚れが無くなったので、足元が引き締まって見えますね!まあまあお金はかかりましたけど、交換して満足です。



よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる