MENU
カテゴリー

JB23ジムニー エンジンオイル交換

JB23ジムニー3型のエンジンオイル交換をサービスマニュアルを参考にして行ってみました。

オイルドレンボルト、オイルフィルタの締付トルクもサービスマニュアルで調べたものを記載しています。

同型のジムニーにお乗りの方で、締付トルクをしっかりと管理したい方は参考になればと思います。

車両情報
  • 年式:2000年(購入2021.2.13)
  • 型式:JB23W(3型)
  • エンジン型式:K6A
  • トランスミッション:4速AT
  • 駆動方式:パートタイム4WD
  • グレード:ワイルドウインド(ジムニー30周年記念車)
  • カラーコード:Z2U(キャッツアイブルーメタリック)
  • バンパーカラーコード:Z2S(シルキーシルバーメタリック)
目次

オイルドレン、フィルター、レベルゲージ、フィラーキャップの場所

オイル交換をする上で知る必要がある、オイルドレン、フィルター、レベルゲージ、フィラー(注入口)の場所です。

オイルドレンとフィルターは車両エンジンの下にあります。ジムニーは元々車高が高いので、そのまま覗き込むと直ぐに分かると思います。



レベルゲージとフィラー(オイル注入口)はボンネット開ければ直ぐに分かる場所ですね。

オイル交換作業

通常、オイル交換(下抜き)をする場合、車両をジャッキアップして作業スペースを確保する必要がありますが、ジムニーは最初から最低地上高が高いので、ガレージジャッキ不要でオイル交換作業が可能です。

ガレージジャッキ不要でオイル交換できるのはジムニーならではのメリットですね(笑)

オイルの抜き取り

車両を平らな場所に置き、エンジンを暖機状態にします。エンジンを停止し、フィラーキャップを外します。



ドレンボルト(17mm)を外してオイルを抜きます。



オイル排出量は約3リットルですので、それ以上の容量を持った受け皿を用意します。



オイルフィルタレンチ(Φ65mmサイズ)を用いてオイルフィルタを取り外します。



オイルフィルタを取り外す際は、オイルがデフ廻りに垂れてしまうので、受け皿をあてがって作業した方がよいかもしれません。あとから掃除するのが面倒でなければ、受け皿は無くても良いですけどね!

ドレンボルトとフィルタの取付(締付トルク)

オイルが完全に抜けたらオイルドレン部を掃除。バリや傷が無いかも点検。傷がある場合オイルストーンなどで均す。



パッキン(14×20×1.5)を新品に交換します。純正品番は「09168-14015」ですが、同サイズでしたら汎用品でも問題ないと思います。



ドレンボルトをトルクレンチで締付ます。ドレンボルトの締付トルクは44N・mです。



オイルフィルタ取り付け面の掃除。バリや傷が無いかも点検。傷がある場合オイルストーンなどで均す。



新しいオイルフィルタのOリング部にエンジンオイルを塗布します。オイルフィルタ純正品番は「16510-82703」です。今回はモノタロウの汎用品を使用しています。



トルクレンチを用いてオイルフィルタを締付ます。オイルフィルタの締付トルクは14N・mです。手締めの場合はOリングが接触してから3/4回転の締付となります。


周りに付着してしてしまったオイルをパーツクリーナーなどで綺麗に掃除します。

オイルの注入

オイルをフィラーキャップから注入します。

オイル量は

オイル交換のみ:2.8リットル
オイル交換とフィルタ交換:3.0リットル

となります。今回はフィルタも同時交換していますので3.0リットル入れます。

今回注入するオイルの銘柄はスズキ純正の「エクスターF 5W-30SN」です。

※当時の取説記載の指定オイルはエクスター10W-30(SJ/GF-Ⅱ)との記載。
※寒冷地はエクスターオイル5W-30(SG/CD)

漏斗はロングノズルタイプが零れにくいのでおすすめですね。因みにオイルを注入する際はレベルゲージを抜いておくとオイルがスムーズに入りやすいと言われています。

オイル量の確認

オイルを注入したらフィラーキャップを取付け、エンジンを数分間暖機。



エンジンを停止し、数分間待ってからレベルゲージでオイル量を点検。オイルが規定量より少ない場合はオイル漏れ等が無いことを確認し、レベルゲージ上限までオイルを補給します。



オイル交換日や、次回オイル交換時期を記載したシールを見やすい所に貼り付け、オイル交換作業は完了となります。

エンジンオイルやフィルタの処分方法について

私の場合抜き取ったエンジンオイルは2重のレジ袋に入れたウエス(不要になったシーツや衣類をカットした物)にしみ込ませ、家庭ゴミ(燃えるゴミ)として処分しています。※お住いの地域よるかとおもいますが、私が住んでいる地域はこれでOK!



レジ袋は1枚せいぜい数円、市販のオイル処理パックより安上がりかと思います。今回は2つに分けたので袋は4枚使用しています。



オイルフィルターを家庭ごみとして処分する場合、分解して分別する必要があります。※お住いの地域により異なるかもしれません。



私の場合、知り合いの車屋さんに処分してもらう場合もありますし、電動セーバーソーで分解して家庭ゴミとして処分したりしています。

分解は結構手間なので、ある程度溜めてから車屋さんに処分してもらった方が楽ですけどね(笑)

因みにオイルフィルターを容易に分解できる専用道具「オイルエレメントカッター」というものもありますが、なかなかのお値段となっております。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる