MENU
カテゴリー

いすゞ エルフ ミッションオイル交換方法

いすゞエルフトラックNKR66EA(4.3L/4HF1エンジン)のMTミッションオイル交換をDIYで行ってみましたので記録しておきたいと思います。

至らない点もあるかと思いますが、これから同車種のマニュアルミッションオイル交換をDIYで行おうとしている方の参考になれば幸いです。

目次

ミッションオイル量と交換時期

項目容量交換時期指定オイル
マニュアルトランスミッションNKR69MSB型2.7L45000km
または2年ごと
ベスコギヤーオイル
トランスアクスル
5W-30
NKR66,71,72MXA-5型3.2L
NKR66,71,72MXA-6型4.0L
NKS71(直結式パートタイム4WD車)MXA-5R型3.2L
T/F2.0L
NKS71(ビスカス式トルクスプリット4WD車)MXA-5R型3.2L
T/F1.1L
オートマチックトランスミッションJR403E型14.0L40000km
または2年ごと
ベスコATF3
ベスコギヤオイルトランスアクスル5W-30の相場

posted with カエレバ

フィラーとドレン位置

いすゞエルフトラックNKR66EA(4.3L/4HF1エンジン)の場合ですと、フィラーとドレンは車両の運転席側にあります。このクルマは高床車&サイドバンパー無しなのでジャッキアップ、スロープを使用せずとも作業スペースを確保できます。

ボルトのサイズはフィラー、ドレンともに24mmとなります。

ミッションオイルを抜く

まずはフィラーボルトを外します。最初にドレンを外してオイルを抜いてしまうと、万が一フィラーが緩められなかったときオイルを注入するのが困難になるからです。

フィラーが無事外れたらオイル受け皿をセットし、ドレンをボルトを緩め外します。抜けてくるオイル量はミッション形式により異なりますが、だいたい4リッター前後ですので、それ以上の受け皿が必要です。

オイルが完全に抜けるまで待ちます。

こちらは外したフィラーとドレンボルト。ドレンの方はマグネット付です。鉄粉が凄いですね!

フィラーとドレンはゴムパッキン(Oリング)が付いていますので、オイル交換ごとに新品します。無論ドレンの鉄粉は綺麗に掃除します。

名称品番価格(税別)
ガスケットドレンプラグ8-94336511-0140
品番は個人調べですので必ずメーカーから確認をお願い致します。

オイル注入

ドレンボルトを締め付けます。規定締め付けトルクが指定されていると思いますが、数値が不明でしたので手締めしました。

灯油ポンプを使い、フィラーから指定オイルを注入します。このクルマの指定ミッションオイルはベスコギヤーオイルトランスアクスル5W-30で、量は3.2リッターです。

規定の量は決まっていますが、オイルを注入し続け、フィラーから溢れたら適正量となりますので、ジョッキで測らなくても大丈夫です。但し、これは平らなところで作業した場合です。

フィラーからオイルがこぼれ落ち、落ち着いたらフィラー取りつけ面を掃除して締めます。

ミッション周りに付着したオイルを綺麗に拭き取りミッションオイル交換は完了となります。

まとめ

初めてこのクルマのミッションオイルをDIYで交換してみましたが、作業スペースが乗用車などより広かったため、意外と簡単に交換することができました!これからいすゞエルフのミッションオイルをDIYで行おうとしている方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる